デザインアンテナって何?

デザインアンテナの特徴

自宅でテレビを見るために必要不可欠な機材の一つでもあるアンテナは、時代の移り変わりによって様々な進化を遂げています。
日本では現在数種類のアンテナが販売されている中で、人気となっているのがデザインアンテナです。デザインアンテナとは文字通り見た目のデザインを追及した種類になります。一般的にアンテナと言うと住宅の屋根の上にある八木式と呼ばれる魚の骨のような形状の物をイメージする人も少なくありません。
デザインアンテナは八木式のように尖った形とは異なりコンパクトな板の形状をしています。そのため、従来のような屋根への設置ではなく、自宅の側壁などに取り付けるのが基本です。これにより、屋根周りをスッキリとさせて景観を良くすることができます。

デザインアンテナを選択で得られるメリット

デザインアンテナを選択することで得られるメリットはいくつかありますが、その最たるものと言えるのがデザイン力の高さです。一口にデザインアンテナと言っても、形状からカラーバリエーションに至るまで数多くの種類が販売されています。これにより、住宅の側壁の色に合わせるなど、自分なりの選択の仕方が楽しめるのが魅力です。スマートな形状を選べばアンテナ自体を目立たなくすることができるので、家全体の景観を損ねる心配もありません。
費用を抑えられる点もメリットの一つです。一般的な屋根の上に設置する八木式は足場が不安定な場所で作業をすることで取り付けに掛かる費用が若干高くなってしまうのは否めません。その点、家の側壁に取り付けるデザインアンテナであれば、高所の作業が不要となる分の費用を抑えることができます。