八木式アンテナとデザインアンテナどちらを選べば良い?

デザインアンテナとはどんなアンテナ?

デザインアンテナとは、平面アンテナや壁面アンテナ、フラットアンテナなどと呼ばれています。UHF用のアンテナで地上デジタル放送が受信できます。一方、八木式アンテナとは、例えていうなら魚の骨のような形状のアンテナです。一般的に、デザインアンテナは建物の壁面などに装着し、見栄えもよくスマートな仕上がりとなりますが、八木式アンテナは屋根の上に設置し、人によっては美観が損なわれると感じる人もいるようです。また、景観指定地区などでは、八木式アンテナは美観が損なわれるため、デザインアンテナを設置することを推奨している地区もあります。デザインアンテナのメリットとしては、見栄えが良いことと耐久性が優れていることです。

八木式アンテナとデザインアンテナの比較

デザインアンテナは、デザインが良いため美観を損なうことがないというメリットがあります。しかし、電波の受信感度が弱く、ブースターが必要になるかもしれないというデメリットがあります。ブースターとは電波を増幅するための装置です。また、一般的にデザインアンテナは壁に設置するため、八木式アンテナと比較すると低い位置にアンテナを設置することとなるため、電波塔の電波を受信できない可能性があります。
そのため、建物の壁から電波塔が見えない場合には、屋根に八木式アンテナを取り付けるのがオススメとなります。また、宅内にてたくさんのテレビを使用する場合には電波強度の問題から、八木式アンテナの方が有利となります。ただし、八木式アンテナは美観を損なう上、台風などの災害で破損してしまう可能性が高いというリスクがあります。