依頼する前にしっかり見積もりをとろう

サイト表示価格と実際にかかる費用は異なる

「テレビの映りが悪い」「BSアンテナを取り付けたい」など、地デジやBS・CSアンテナの工事を依頼する際に、どのくらいの費用がかかるのかご存知の方は少ないでしょう。アンテナ工事は頻繁に行うものではありませんし、アンテナの種類や必要な部品、工事内容なども素人には分かりにくいものです。
アンテナ工事を行う業者のサイトを見てみると、例えば「15,000円~」のように料金が表示されています。価格表示の仕方は業者により異なりますので、アンテナ本体のみを意味する場合と、アンテナ本体に工事費を含んだ合計額を意味する場合が考えられます。また、設置環境に応じて分配器やブースターなどの各種部品が必要となることもあり、それらの部品代がさらに加算されるのです。
このように、実際にかかる費用は業者のサイトを見ただけでは判断ができないので、事前に見積もりを取ることをおすすめします。

アンテナ工事費の内訳について

アンテナ工事に基本的にかかる費用はアンテナ本体の価格と設置工事費ですが、設置環境や状況によっては追加で費用が発生します。例えば、分配器やブースター代とその設置費、既存のアンテナの撤去と回収費用、遠方から訪問するための交通費などがあげられます。
分配機は、アンテナで受信した電波を部屋に振り分けるための部品で、テレビを設置している部屋が複数ある場合に必要となります。ブースターは、アンテナで受信した電波を正しい感度に調整する機械で、電波環境に優れた立地かつテレビが1台という状況以外は大抵必要となるでしょう。
見積りが届いたら、合計金額はもちろんのこと、必要となる部品の価格や設置費などが詳細に記載されているかどうかもしっかりと確認してください。また、1社だけでなく数社に相見積もりをして比較検討するのが、よりよい業者を見つけるポイントです。